14年間、共にいてくれた愛犬に感謝

我が家のペットは、柴犬でした。
私はペットを飼うなら、迷わず柴犬でした。
なぜなら、赤ん坊の柴犬は本当に可愛く、柴犬グラビアがあろうものなら、「可愛いー」と思わず、大はしゃぎしてグラビアをずっと眺めていました。
とうとう私に、念願の柴犬を飼う日が到来しました。
私が高校生時にペットショップで購入した柴犬です。
本当に可愛い柴犬でした。柴犬は赤ん坊でぷっくりと太っていました。
そして、柴犬を引き取る時に車に乗せましたが、車に酔ったみたいで柴犬はゲロしました。
私は、この時、この子犬は体が弱そうだと思ってしまいました。
しかし、この柴犬はとても元気で、14歳まで生きてくれました。
14年間の生を全うした柴犬は様々なエピソードを残してくれました。
愛犬の初恋、家からの脱走。そして柴犬の勇敢さを見た日。
柴犬は勇敢であると知ったのはある事があってからです。
その一つを紹介します。
柴犬は気が荒いと言いますが、賢い犬種ですのでその気の荒さを普段は見せません。
主人の言いつけを忠実通りに守ります。
普段、私は大好きな愛犬の耳をひっぱたり、ひげをピンと弾いたりして遊んでいました。
柴犬は、あきらかに迷惑顔でした。
そして、私は愛犬が構われるのを嫌だと言う事を承知で、気にせず愛犬で遊んでいました。ドッグフード 評判
愛犬の我慢している姿を見て、思わず、愛犬の健気さにきゅんとしながらも、ヌイグルミの様に愛犬を可愛がっていました。
しかしこの健気さは、愛犬の世をしのぶ仮の姿でした。
ある日、柴犬と散歩していると、道に秋田犬がいました。
秋田犬はあろう事か放し飼いにされていました。
秋田犬は、そのいかつい(私にはいかついにしか見えません)姿に恐怖を覚えましたが、近づいてきました。
そして、秋田犬が愛犬に触れようとした時、小さな柴犬が仁王立ちして秋田犬を威嚇しました。
秋田犬の飼い主がすぐに来ましたが、私は愛犬の思わぬ気の強さを見直しました。
この愛犬は、14年間、共にいてくれました。
本当に知能すぐれた、素晴らしい柴犬でした。